妊活とは何か?どんなステップで進める?

「妊活」は、2011年に流行語大賞にノミネートして2位に選ばれ、世間でも注目されるようになってきました。芸能人が妊活を行うなど、マスコミでも取り上げられることも多いこの妊活、実は具体的に何をすればいいのかわからない方も多いと思います。

そこで今回は妊活とはそもそもどのようなことをするのか?いつどこでどのようなステップで進めればよいのか、解説します。

Sponsored
PC

妊活とは妊娠に向けた知識習得や身体の状況把握をする活動

妊活とは、妊娠についての知識を身に付けたり、妊娠に向けて身体の現状を把握する活動で、もともとは製薬会社の啓発活動の一環として提唱された言葉です。妊娠を希望している女性だけでなく、今は妊娠を希望していないけれど将来的にしたい女性や、協力するパートナーの男性も対象に含まれます。

避妊の方法は多く出回っていても、妊娠をする方法はあまり出回っていないのが現状です。また、晩婚化が進み、高齢出産も多くなってきています。2014年のデータによると、日本で出産した女性の26%、3人に1人は35歳以上での出産だったようです。高齢出産には母子ともにリスクがあり、このリスクを避けるためにも、早くに妊活に取り組む必要があると考える女性が増えてきています。

妊活は具体的には4ステップに分かれる

では、具体的に妊活はどのように進めればよいのでしょうか?大きくは、4つのステップに分かれます。

1.身体の環境を整える
2.身体の様子を測定する
3.タイミングを図る
4.(1~3で上手くいかなかったら)不妊治療を受ける

1.身体の環境を整える

・冷え性対策
冷え性と妊娠はあまり関係がないと思われるかもしれませんが、冷え性により子宮の機能が下がってしまうなど、妊娠しにくい体につながります。服装を工夫したり、冷えやすい食事を摂らない、クーラーを避けるなど体を冷やさないように気を付ける必要があります。

・バランスの良い食生活
バランスの良い食事をとることで健康的な体がつくられ、それが妊娠しやすい体質につながります。間食をできるだけ避け、朝昼晩バランスの良い食事をとることを心がけましょう。

・葉酸の摂取
葉酸は、赤ちゃんが器官形成をするために大変重要な役割を果たします。特に妊娠初期が最も重要な時期で葉酸摂取の必要性が高まるのですが、妊娠前も葉酸をとり始めることが理想的です。食品だけでは十分な摂取量を維持することが難しいため、サプリメントを有効に活用することが望まれます。

・良質な睡眠
寝不足が続くと、健康状態も悪化し、妊娠しづらい環境になります。また、生理不順などの原因にもつながるため、良質な睡眠を確保することが望まれます。

・ストレス発散
ストレスも生理不順などの原因につながります。また、不妊治療が上手くいかないとそれ自体がストレスになり気分も滅入ってしまうため、上手くストレス解消することが重要です。

・適度な運動
適度に運動することにより冷え性を改善し、睡眠の質も改善します。ストレス発散にもつながるため、妊娠するための身体づくりにはとても有効です。

2.身体の様子を測定する

・基礎体温を測る
基礎体温をつけることにより排卵周期を知ることができます。その結果、妊娠しやすい時期がわかります。

・定期的な健診
産婦人科で健診をすることで、不妊の原因にもなる子宮内膜症などの病気や症候群を早期発見することができます。これらは妊活のためだけでなく自分自身の健康維持にもつながりますので、定期的に健診しましょう。

3.タイミングを図る

実際に妊娠をするためには、妊娠しやすいタイミングで性交を行うことが大切です。妊娠しやすいタイミングは、基礎体温を測った上で見極めます。ただし、妊娠を過剰に意識してしまうとパートナーとの仲そのものに亀裂が入る可能性もありますので注意が必要です。

4.(1~3で上手くいかなかったら)不妊治療を受ける

避妊をせずに性交をはじめて1年以上妊娠しないときには不妊症と診断されるため、1年を目安にクリニックを受診しましょう。

大切なのはパートナーとしっかり話し合うこと

特に実際に妊娠をするためにタイミングを図ったり不妊治療を受けるには、パートナーとのコミュニケーションが重要です。また、調べてみると実はパートナーの方に不妊の原因があることも多いため、早いうちに話し合いの場を持ちましょう。

Sponsored
PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored
PC