年齢・月齢別ベビー服・子供服のサイズ表と選び方

乳児期・幼児期(0~6歳)の子供は成長著しいため、洋服の買い替えが頻繁に発生します。特に1人目の子供となると、どの程度のサイズの服を買うべきか、分からない方も多いと思います。

そこで今回は、年齢・月齢別ベビー服・子供服のサイズ表と選び方の目安を紹介します。

Sponsored
PC

以下の表を目安に、子供の成長と照らし合わせて購入しよう

まず、以下の表をご参照ください。

月齢・年齢、表示サイズ、身長・体重は目安です。それぞれの子供の成長には個性があり、それによって着る服もまた変わってきます。また、メーカーによっても多少の違いはあります。ただ、おおよその感覚はこちらの表でつかめると思います。

ちなみに、海外ブランドの表示サイズは日本の物とは違うため、注意が必要です。

サイズ・年齢別選び方ポイント(新生児~3歳)

・新生児

この頃の赤ちゃんの大きさは、目安としては以下のようになります。

  • 身長:50cm~60cm
  • 体重:3kg~6kg

赤ちゃんの服のサイズは50~60が目安になります。

新生児~生後3ヵ月頃の赤ちゃんの服のサイズは50~60が目安になります。ただし、赤ちゃんによって身長・体重はだいぶ違いますし、成長スピードも速いため、「50-70」といったサイズ表記に幅のあるものを選ぶことをおすすめします。

まだ首も据わっていないため、簡単に着ることが出来る長肌着・短肌着・ツーウェイオール・ロンパースといった種類のものがおすすめです。

・3ヶ月~6ヶ月

この頃の赤ちゃんの大きさは、目安としては以下のようになります。

  • 身長:60cm~70cm
  • 体重:6kg~9kg

赤ちゃんの服のサイズは60~70が目安になります。

この頃には身体を良く動かすようになるため、きちんと留めておけるような服がおすすめです。具体的には、コンビ肌着やカバーオールなどが良いでしょう。

・6ヶ月~1歳頃

この頃の赤ちゃんの大きさは、目安としては以下のようになります。

  • 身長:70cm~80cm
  • 体重:9kg~11kg

赤ちゃんの服のサイズは70~80が目安になります。

この時期はさらに動きが活発になるので、一体型タイプの服から上下が分かれているセパレートタイプに切り替えるほうが良いでしょう。また、首も据わって離乳食も始まりよく洋服を汚す時期ですので、上だけ簡単に着替えられるような、かぶりタイプがあると重宝します。

・1歳~1歳半頃

この頃の赤ちゃんの大きさは、目安としては以下のようになります。

  • 身長:80cm~90cm
  • 体重:11kg~12kg

1歳~1歳半頃の赤ちゃんの服のサイズは80~90が目安です。

徐々につかまり立ちを始めて、一人で遊ぶことも多くなってきます。脱ぎ着しやすく、上下別れているセパレートタイプがおすすめです。

・2歳~4歳頃

2歳頃からは身体的な成長も安定し始めます。また、自分で着脱し始めるのもこの頃なので、子ども自身で着脱しやすい服を選ぶようにしましょう。

トップス(上の服)は少しくらい大きくても問題ありません。すぐに身体の大きさが変わってしまうので、ある程度余裕のあるサイズを選ぶことをおすすめします。

ただし、この頃から活発に歩き回るので、ボトムスが長すぎると転ぶ原因となります。ですので、長さについては出来るだけサイズの合うものを買ってあげましょう。ウエストは調整が利くものが良いでしょう。

洋服選びを楽しもう

子供の服を選ぶのは、本当に楽しいもの。サイズが小さくなった洋服を見ると、子供の成長を実感できると思います。また、洋服のサイズには個性が出ますので、きちんとサイズを合わせた上で購入してくださいね。

Sponsored
PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored
PC