妊活中にタバコは吸っていいの?喫煙の影響(男性編)

世の中の禁煙の流れにより喫煙者は減少の動きを見せていますが、2016年のJTの男性喫煙者率は約30%いると言われています。そんな喫煙者の男性や、パートナーの女性も喫煙が妊活に影響があるかどうか、気になるところではないでしょうか?

そこで今回は、男性の喫煙が及ぼす妊活への影響を解説します。

Sponsored
PC

喫煙が血流の悪化と体の酸化に結びつく

たばこの煙には活性酸素が含まれています。この活性酸素が体内で作られ過ぎてしまうと、体内の必要な細胞まで攻撃してしまいます。活性酸素はこれが体の酸化につながり、体内各器官の老化につながります(酸化ストレス)。この酸化ストレスは精巣へも影響してしまうため、精子のDNAが損傷してしまうリスクがあります。

また、たばこにはニコチンが含まれています。そして、このニコチンには血管を収縮させる動きがあり、血流を悪くする結果となります。ペニスの勃起は、海綿体に血液が流れ込むことで起こるものです。そうなると、勃起時のペニスへの血液の流れが阻害され、勃起障害(ED)に繋がる可能性があるのです。

女性も受動喫煙により影響がある

たばこというのは、ご存知の通り吸っている本人だけでなく、その煙を吸うだけで影響があります(受動喫煙)。
そして、先ほどたばこの煙には活性酸素が含まれていると書きましたが、受動喫煙により、活性酸素を増やす結果となるのです。この活性酸素は、男性の場合は精子に影響を及ぼしますが、女性の場合には卵巣や子宮の機能の低下につながるのです。

厚生労働省によりますと、妊婦の喫煙により、自然流産の発生率は約 2 倍、早産率は約 1.5 倍、周産期死亡率は約 1.4 倍高くなるといわれています。受動喫煙により、女性に対しても悪い影響を及ぼすことは間違いありません。

お腹の赤ちゃんへの影響もある

さらに、喫煙は妊娠率の低下だけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響があります。喫煙している両親の新生児の体重は、そうでない両親の新生児に比べて、低体重での出生リスクが高いということが研究で明らかになっています。厚生労働省によりますと、喫煙者の子どもの出生体重は平均 200g 少なく、低出生体重児が産まれる頻度は約 2 倍高い と報告されています。

喫煙場所に注意することが重要

男性の喫煙が妊活に及ぼす影響をご理解いただけたでしょうか?当然のことながら男性側が喫煙者でも妊娠することは可能です。冒頭でご紹介した通り、約30%は喫煙者なのですから。しかし、妊娠率を高めたい、産まれてくる子供も健康でいてほしい、と思うならば、喫煙を控えることがベストです。もし禁煙することが難しいようであれば、女性のパートナーの近くではたばこは吸わないなどの配慮はした方が良いでしょう。

Sponsored
PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored
PC